momo☆彡のスタイル。Ⅱ

Welcome to momo's weblog! Please do not hesitate to leave your footprints on this site.

関西弁

momo☆は関西が大好きです。
人も街もパワーがあるし、周りにこびない文化が大好き。ひとりで梅田、難波、心斎橋、日本橋、天王寺、新世界をお散歩してると、「帰りたくない。このままここに住みたい」って心から思ってしまいます。仕事さえ見つかるなら今すぐにでも大阪に住みたいと思って、実際に行動したこともあります。さすがにmomo☆のような芸のない人ではそれは叶わなかったのだけど。だからもしできることなら老後は大阪に住みたいとまで思ってます。

昔からmomo☆は関西の人に縁があるのです。
小さな頃から仲良くなるのは関西の人が多かったし、今もお付き合いのある友達はみんな関西に住んでます。だからお盆とかゴールデンウィークとかお正月には大阪や京都に遊びに行くことが多いです。

今のお友達と知り合ったのはもう8年も前のことになるかな?
当時はお父さんが亡くなって、気晴らしにって、当時働いてた会社の友達が競馬場に連れてってくれたんですよ。そこでmomo☆はお馬さんにハマっちゃって、競馬のホームページを作るまでになっちゃったんです。昔からmomo☆はハマリ性だったんです(笑)。
当時は個人でホームページなんて作ってる人がほとんどいなかった頃。だから同じ趣味のそのホームページを作ってた人たちは、互いに交流するようになったんですよね(堀江貴文さんと何度かメールしたのもその頃でした)。
で、最初は、それぞれでメール交換してたりしたんですが、そのうち、みんながつながってるってことがわかって、じゃあ仲がよくなったみんなで会おうかってことになったんですよ。いわゆるオフ会です。
その友達が同じ会社の友達を連れてくるようになったり、自分のホームページの常連さんを連れてくるようになったりして、どんどんメンバーが増えていって。でもそのうち熱が冷めるように人数が減ってきて・・・。
一時、momo☆が名古屋に引っ越したこともあって、そのメンバーに残ってた関西の人と仲良しになったってわけです。

 

脱線しちゃったけど、そんなわけで小さい頃からずっと関西の人と何らかの交流が続いているのです。前の会社でも関西の人と仲がよかったし。
だからmomo☆は関西弁も話します。関西弁ってすぐにうつっちゃうじゃない? もちろんネイティヴじゃないから、ほんまもんからしたら変な関西弁なはずなんだけど、関西の人と話すときは自然と関西弁を話してるmomo☆なのであります。

関西弁って言っても、べったべたの河内弁とはんなりとした京都の言葉とはぜんぜん違うし、大阪の中でも南の方と北の方ではまた違うみたい。奈良や神戸もまたちょっと違いますよね。細かい違いはさすがにmomo☆はわからないのだけどね。漫才のような話し方をしてる人はいない・・・っていうのは関西の友人たちの弁です。


そんな関西大好きのmomo☆は、最近アイフルのCMとかに出てる安田美沙子さんの京都弁がとってもいいって思う。 あんな言葉使いができたなら、とってもかわいいのになぁって。 momo☆が話す「非関西人が話すまあまあ聞ける関西弁」はベタベタなんだそうです。 間違っても渡辺徹のそれとは違いますから〜。

 

今日は天気予報が外れて朝からず〜っと雨。
こんなに降り続いたら、明日の天皇賞テレグノシスで決まりかなぁ・・・。