momo☆彡のスタイル。Ⅱ

Welcome to momo's weblog! Please do not hesitate to leave your footprints on this site.

直木賞候補、でました。

2005年下半期の芥川賞直木賞のノミネート作品が発表されました。


芥川賞
伊藤たかみ「ボギー、愛しているか」(群像12月号)
絲山秋子沖で待つ」(文学界9月号)
佐川光晴「銀色の翼」(同11月号)
清水博子「vanity」(新潮10月号)
西村賢太「どうで死ぬ身の一踊り」(群像9月号)
松尾スズキクワイエットルームにようこそ」(文学界7月号)


直木賞
伊坂幸太郎「死神の精度」(文芸春秋
荻原浩「あの日にドライブ」(光文社)
恩田陸「蒲公英(たんぽぽ)草紙」(集英社
恒川光太郎「夜市」(角川書店
東野圭吾「容疑者Xの献身」(文芸春秋
姫野カオルコ「ハルカ・エイティ」(同)


http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/gakugei/news/20060105ddm003040018000c.html
にも書いてるように、ここ数年、話題優先で若い作家(綿矢りさとか金原ひとみとか)を重視していた芥川賞が、今回は原点に返って内容重視に転じたって感じがします。


個人的には芥川賞には興味がないので、直木賞に目を移しますね。


あたしの大好きな東野圭吾さんの作品、『容疑者Xの献身』がノミネートされました。東野圭吾さんの直木賞ノミネートは6回目。


1998年下半期 『秘密』
1999年下半期 『白夜行
2001年上半期 『片想い』
2003年上半期 『手紙』
2004年上半期 『幻夜


そうそうたる名作(あたしにとっての)。
これでも獲れなかったんだもんなぁ。今年もどうなのかなぁ。
今回の他のノミネート作品は『あの日にドライブ』以外は読んだことがないけど、伊坂幸太郎さんも4回目だし、『ハルカ・エイティ』もすごく評判だし・・・。
過去の受賞作品って読んだことないものが多い。なんとなくミステリーは評価が低そうな感じがしないでもない。


宮部みゆきさんも「いいかげん獲らせてあげなよ〜」みたいな雰囲気になるまで何度も何度も辛酸をなめてたようだし。もちろん『理由』は文句なくそれまでのノミネート作品より上を行ってた。
個人的には、『容疑者Xの献身』は過去5回のノミネート作品よりインパクトが弱いような気がします。
だから、今年もダメなのかな。


でも自分が大好きな作品だから、ぜひ獲ってほしいって、心底思う。
選考会は今月17日です。