momo☆彡のスタイル。Ⅱ

Welcome to momo's weblog! Please do not hesitate to leave your footprints on this site.

ダビスタじゃないんだから


こういう記事を読むたびにガッカリする。

2着サムソン凱旋門賞白紙/宝塚記念
http://www.nikkansports.com/race/news/p-rc-tp0-20080630-377921.html


1番人気のメイショウサムソンは直線での不利が響き2着に終わった。


 夢舞台に頭差届かなかった。外から泥だらけのメイショウサムソンが伸びてくる。アサクサキングスに内から2回も馬体をぶつけられ、バランスを崩しながらも懸命に伸びた。だが、結果は残酷だった。2年連続の2着でドリームレースは終了した。武豊騎手は「惜しかった。競馬は見ての通りです。不利を受ける方も悪いんだが…。馬場が悪くてもサムソンは頑張ってくれてたんだけど。後味が悪い」と唇をかんだ。


 勝てば凱旋門賞挑戦が決定する一戦だったが、松本オーナーは海外遠征について白紙を明言した。「ちょっと微妙かな。勝てば行くという気持ちだったんですけど…。今後は馬の状態を見て高橋先生と相談して決めます」。1次登録も行い、厩舎では遠征に向けての準備を進めてきた。高橋成師は「勝ち馬に一番いい競馬をされてしまった。着差が着差だっただけに残念」。5連敗を喫したとはいえ、この日は惜敗。サムソンの動向に目が離せない。


不利を受けても2着を死守したんだし、クラシックディスタンスではJRA現役最強であることは誰も否定はしないでしょう?
勝ったら凱旋門賞・・・って、ダビスタじゃないんだから。勝とうが負けようが、しっかり計画を立てて、ローテーションを組んで準備をしてから海外遠征に挑んでほしい。エルコンドルパサー陣営がやったように。
日本で結果を出したら遠征してぶっつけで出走・・・で勝てるほど海外G1は甘いものではないでしょう。ディープインパクトでさえもぶっつけで3位入線(違反薬物が見つかり失格処分)が精一杯だったのですから。