momo☆彡のスタイル。Ⅱ

Welcome to momo's weblog! Please do not hesitate to leave your footprints on this site.

ソニーのフルサイズデジタル一眼レフ・α900発表


本日、ソニーのデジタル一眼レフ・αシリーズのフラッグシップモデル、α900が発表されました。発売開始は10月23日(木)。
気になる価格はヨドバシ・ドット・コムで328,000円(10%ポイント還元)。



【特徴】

  1. 有効2,460万画素 35mmフルサイズCMOSセンサー
  2. フルサイズセンサー搭載機として世界初のボデー内手ブレ補正機構(4段分)
  3. 中央デュアルクロス9点+アシスト10点AF(中央はF2.8対応)
  4. ファインダー約100% 倍率0.74倍
  5. シャッター速度 30〜1/8,000秒(バルブ可) 耐久性は10万回
  6. 約92万画素 3型エクストラファイン液晶
  7. ISO200〜3200 拡張設定でISO100〜6400での撮影が可能
  8. 画像処理エンジン「デュアルBIONZ」 連写5コマ/秒
  9. ゴミ除去機能
  10. Dレンジオプティマイザー
  11. 「インテリジェントプレビュー」機能
  12. HDMI出力
  13. 約850gの軽量ボディ

ソニー、フルサイズで2,460万画素の「α900
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/dslr/2008/09/10/9177.html?ref=rss


ソニーは、35mmフルサイズセンサーを搭載したデジタル一眼レフカメラα900」を10月23日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は33万円前後の見込み。

 有効2,460万画素CMOSを搭載したαシリーズのフラッグシップモデル。35mmフルサイズ搭載機として世界初となるセンサーシフト式手ブレ補正機構を搭載した。また、視野率約100%のファインダーやデュアルBIONZなどを採用した。

 対応レンズはソニー製αレンズ、ミノルタおよびコニカミノルタ製AFレンズ。APS-Cフォーマット専用レンズ(DTレンズ)装着時は、自動的にクロップし約1,200万画素相当で撮影できる。ただし、DTレンズでの使用は本来のAE性能を満たせないとして動作保証はしていない。


記事によると、全光学性能要素で「α-9」を上回るファインダーとあります。これまでのデジタル一眼レフではファインダーの見易さをないがしろにしてきた気がしますので、これは大歓迎ですね。
それと、インテリジェントプレビューもかなり便利そうです。これはプレビューボタンを押すと、画像をプリキャプチャーし撮影イメージを確認できる機能で、露出、ホワイトバランス、Dレンジオプティマイザーなどを設定すると、設定結果を反映して表示され、その設定のまま撮影に移ることができます。設定変更効果をあらかじめ確認できるため、設定の微調整が容易に行なえるとメーカーは説明しています。
そして何よりも850gという軽量ボデーがうれしいですね。EOS 5Dの810gよりやや重くはなっていますが、ニコンD700の995gよりは遥かに軽いのです。


さあ、これでEOS 5D後継機がドッチラケだったら、大変なことになりますね・・・。