momo☆彡のスタイル。Ⅱ

Welcome to momo's weblog! Please do not hesitate to leave your footprints on this site.

刑事一代


今週末はテレビドラマ三昧でした。
まずは「ザ・クイズショウ」の最終回。桜井翔くんが好きで見始めたのだけど、ラスト3週の展開は見るものをひきつけて話さないものでした。単なるジャニタレ主演ドラマって思ってたら大違い。ダブル主演の横山くん(本間役)は最初あまりいい印象持ってなかったけど、彼の少々オーバーな演技は最後のどんでん返しで全部生きてくるんですね。
最後に全部明るみになった物語はあまりに悲しすぎる悲劇だったのだけど、最後の最後、警察に出頭する本間の笑顔ですべてが救われたような気がしました。


そして次は、二夜連続の「刑事一代」。
伝説の刑事、平塚八兵衛に対する是非は置いておく*1として、「昭和」という時代を重大事件を通して見つめなおすことができる、いいドラマだったと思います。吉展ちゃん誘拐殺人事件の犯人・小原保(萩原聖人)の取調べとその後のお話は胸に突き刺さるものがありました。渡辺謙さんってほんとうにすばらしい俳優さんですね。
映画化とかしたらいいのに。
原作本は是非読んでみたいと思います。

刑事一代―平塚八兵衛の昭和事件史 (新潮文庫)
佐々木 嘉信
新潮社
売り上げランキング: 37
おすすめ度の平均: 4.0
2 警察の取調べを味わった人には。
5 犯人をあぶり出す臨場感にあふれた語り
5 これが早くわかっていたらなあ
3 二度と現れないであろう個性派刑事の回想録
5 ひとつの歴史として読む価値あり!!


*1:帝銀事件の犯人とされた平沢貞道元死刑囚は冤罪である可能性が高いとして八兵衛の取調べを批判する声もある