momo☆彡のスタイル。Ⅱ

Welcome to momo's weblog! Please do not hesitate to leave your footprints on this site.

オーディオ


高校のころ、好きな音楽(できる範囲で)はいい音で聴きたいと思うようになって、オーディオをこだわって買い始めました。
最初に買ったのは、ラジカセとミニオーディオの中間のようなタイプで、定価が10万円位したもので、高校入学のお祝いに親から買ってもらったもの。基本はラジカセなんだけど、スポーカーとかレシーバーとカセットデッキが切り離せるもので、ビクター製だった。カセットはオートリバースのダブルデッキで、両方ともドルビーCのノイズリダクションとかも付いてる本格派でした。
けど、やっぱりこれだけでは収まらなくなり、デンオンのアナログディスクプレイヤー(DP-37F)や、テクニクスの安いCDプレイヤーを買い足し、郵便局の年賀状配達アルバイトのお給料で、アカイのカセットデッキを(GX-R66)買いました。


大学に入ってからはアルバイト代を貯めておいて、確か15万円くらい持って秋葉原に行って、展示品を安く買い集めて、マランツのCDプレイヤー(CD-34)、マランツのプリメインアンプ、アカイのカセットデッキ(GX-Z9000)、ビクターのスピーカー(SX-311)を買い揃えました。ビクターのスピーカーはまだ現役ですよ。
そのあと、中野ブロードウェイ4階にある中古オーディオ屋さんで偶然見つけたサンスイのアンプ(AU-α707 EXTRA)を7万円弱で購入しました。これは重さが30キロくらいあって、中野から沼袋まで歩いて持って帰ろうと思ってたのだけど、ブロードウェイの裏口から早稲田通りに出たところで断念し、タクシーで沼袋の自宅まで帰ったんですよね。このサンスイのアンプはとにかく素晴らしい音ですごく驚いたことを昨日のことのように覚えてます。
その後、カセットデッキもアカイ(A&D)のGX-Z9100を買い足しました。
さらにCDプレイヤーも、前述の中野の中古屋さんで、以前から目をつけていたケンウッドのDP-8020を見つけたので衝動買いをしてしまいました。


社会人になって、GX-Z9100の調子が悪くなったので(酷使に耐え切れなくなったのでしょう)、GX-Z9100EVに買い替え、アンプもノイズが乗るようになってしまったので、サンスイAU-α607XRに買い替え(本当は707が欲しかったけど高くて)。
他にもレーザーディスクプレイヤーとかも買ったりしたのですが、引っ越す際に処分したりして、結局今の構成はこのような感じです。

  • プリメインアンプ:サンスイ AU-α607XR
  • CDプレイヤー:ケンウッド DP-8020
  • CDレコーダー:タスカム CD-RW700
  • カセットデッキ:A&D GX-Z9100EV
  • スピーカー:ビクター SX-311


今はもうケンウッドもサンスイもアカイも新品では手に入りませんね。高級メーカー以外だと、マランツ、オンキョー、デノンくらいしかピュアオーディオを作ってません。すごく残念。
今、中古でサンスイのCD-α717EXTRAがないか探してるんですけどね・・・。