読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

momo☆彡のスタイル。Ⅱ

Welcome to momo's weblog! Please do not hesitate to leave your footprints on this site.

東京女子プロレス・横浜ラジアントホール 『ホップ! ステップ! ヨコハマ、ジャンプ!!』

デビュー戦から負けなしの優宇選手がのの子選手とシングルで対戦すると知って、先日のDDT後楽園ホール大会でチケットを買いまして、観てまいりました。
今日は普段リングアナをする桃知みなみさんに替わって、田中秀和さんがリングアナを務めることになっていました。試合のたびにリングに出入りする時間がなくなっただけで間延びしなくなっていい感じだったです。メインのコールだけケロちゃんリングインしました。桃知みなみさんのときもそうすればいいのにね。

第1試合 滝川あずさ vs のどかおねえさん

当初の目論見が外れてすっかり大きいお友達からの人気を集めつつるのどかおねえさんと滝川あずさ選手がシングル対決。勝てばどちらも初勝利なのですが、さすがに滝川あずさ選手は腹黒さを発揮してくれました。でもでもピンポンパン体操2倍速でキレッキレになったのでしょう、のどかおねえさんが見事初勝利。かわいい☆

第2試合 ハイパーミサヲ vs 小橋マリカ

ハイパミがまー汚い汚い(笑)。それでも最後は貫禄を見せつけましたね(卑怯な丸め込みだったけど)。あと、ハイパミの素顔が(一瞬)明らかに!

第3試合 のの子 vs 優宇

デビュー以来シングルでは負けなしの優宇選手ですが、さすがにのの子選手相手では分が悪いかと思ってましたし、事実かなり攻めこまれていましたが、タックル合戦でも引けを取らず、のの子選手のボインメーカーをかわすと、電光石火の腕ひしぎ十字固めでタップアウト! 強い! そう遠くない時期にタイトル挑戦もあるでしょう!

セミファイナル 辰巳リカ vs ミウラアカネ

辰巳リカ選手が大健闘だったと言っていいと思います。最後はミウラアカネ選手に負けはしましたが、ヒップアタック乱れ打ちで大いに見せ場を作ることができました。いい意味で裏切られたカードでした。セミファイナルにふさわしい熱い戦いでした。

メインイベント 山下実優・KANNA vs 中島翔子・坂崎ユカ

豪華なタッグマッチです。それぞれタイプの違う実力者が揃っているので、誰が勝ってもおかしくない組み合わせです。ただ、タッグとしての完成度は闘うコメディアンズ(女性だからコメディエンヌが正しいと思うけどw)のほうが遥かに上で、山下・KANNA組はギクシャクしてて誤爆も。勝負はKANNAが山下に誤爆した流れでふたりを分断することに成功した闘うコメディアンズが主導権を奪い、ユカッチが山下を丸め込みで完璧な3カウントフォール!思わず涙ぐんで喜びを爆発させるユカッチが、山下のタイトルに挑戦を要求し、5月の同じ横浜ラジアントホールでのタイトルマッチが決まりました。坂崎ユカ選手は素晴らしい身体能力を持っているので、タイトル移動の可能性は”ある”と思います。コミカルな動きも、キラーファイトもできる、素晴らしい選手ですねー。
あたしも帰りにチケットを買いました。YUKIの日比谷野音のライブにはギリギリ間に合う・・・はずです。

おまけ

試合前に会場の近くで食事ができそうなところを探してたのですが、あまりお店がなくってうろうろしてたら、いい感じの喫茶店を見つけました。ふふふ。