読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

momo☆彡のスタイル。Ⅱ

Welcome to momo's weblog! Please do not hesitate to leave your footprints on this site.

Negicco 13th Anniversary 『Road of Negiiiiii ~TADAIMA~ 2016 Summer at NHKホール』 supported by サトウ食品

大スキ 音楽 グルメ

ずーっとずーっとずーっと楽しみにしていたNegiccoNHKホール公演でした。

Negicco公式サイトでの先行販売で新Negiキャップを買い逃していたので早めに会場行って先行物販に挑みたかったのですが、暑さのせいにして断念。普通に開場の17時過ぎにNHKホール到着です。座席はね、1階の最後方でした。とは言っても最前列から25列目なのでそんなに後方って感じでもなかったのですが、前回の中野サンプラザが最前列で今回が最後方とはこれまた極端な(笑)。ある意味公平だということなですが。















18時開演。
ある程度予想はしていたので今日になってNegiccoの初期ベストを復習していたのですが、やはり初期のNegiccoのナンバーから始まりました。衣装も初期のNegiccoのイメージで。バックにははるか昔のポップジャムの4人の映像が。『恋するねぎっ娘』、『ねぎねぎROCK』『ネギさまBravo』『トキメキ★マイドリーム』などなど。これには大感激でした。そしてconnieさんへ贈る『Negiccoから君へ』で一旦スクリーン幕が下ります。するとconnieさんのナレーションでNegiccoの13年間を振り返るアニメーションが流され、幕があがるとNegiバンドを率いてのNegicco3人が再登場。主にニューアルバム『ティー・フォー・スリー』からセットリストが組まれ、時にノリよく、時にしっとりと歌い上げる3人には13年間で培われた実力が垣間見えます。前回のツアーから放り込まれた(褒め)Nao☆ちゃんのグッス紹介コーナー。無駄に長い(もちろん褒め)。中間はアコースティック編成での『Falling Star』などであたしはもう半泣き。で、後半は盛り上がるナンバーで畳み掛けます。トリワン、ヘッドライナー、さよならMusic、圧スタなどなど(順不同)。最後は光のシュプール。こうしてあっという間に本編終了・・・。
当然湧き上がる「アンコール、ネギ!!!」。そして3人が再び登場すると神妙な表情でNao☆ちゃんが『大切なお知らせ』と切り出してヒヤリ。まさか解散か、それとも結婚かと思いましたが、武道館の夢を(当面は)断念するとのことでした。武道館は勢いで上がる場所ではない、と。一歩一歩Negiccoらしく歩んでいく、Negiccoは3人でずっと続けていくと力強く宣言。ぽんちゃ、かえぽからも同様の発言。厳しい現実は3000人規模の今回のNHKホールで当日券が出る状況ですから、背伸びしないで確実に前進を続けていくことこそが3人には似合ってると思います。
アンコールは『自由に』『恋のシャナナ』『ねぇバーディア』。バーディアのセリフの部分が「ねえMikuちゃん、覚えてる? あのポップジャムの日のことを」と変えたところであたしはもう涙腺決壊。アンコールのラストは『私へ』。

で、場内の照明が明るくならないまま、エンディングのスタッフロールが流れ、最後の最後、Negicco私立恵比寿中学によるジョイントライブが、2017年新春に開催されることが発表されました。ネギとエビの食い合わせ。すごいわー。3000人クラスでは収まらないよ、ほんと。だってエビ中さいたまSAでワンマンするグループですから。詳細を早く知りたいな。

ライブ全体で3時間というすごいボリュームだったのに、本当にあっという間で夢のような時間が過ぎ去ってしまいました。
あたしは特に用事もなく物販に並ぶこともなかったのですが、なんとなくNHKホールを離れるのが惜しくて、しばらくNHKホールのそばでひとりで佇んでいました。後ろ髪を引かれる思いで帰宅の途に着いたのが21時半でした。

振り返ると、1000%の片想い、ネガティヴ・ガールズ!がセトリに入ってませんでしたね。ちょっと意外でしたが、それだけレパートリーが増えた証拠でしょうね。

ちなみに、NHKホールに着く前にNHK近くのプロントで晩ごはん。