読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

momo☆彡のスタイル。Ⅱ

Welcome to momo's weblog! Please do not hesitate to leave your footprints on this site.

『DDTフェス2016 supported by ナタリー』 @新木場STUDIO COAST行ってきました。

数年前の両国2daysのDDT万博のアップデート版として、音楽ナタリーのサポートも受けて大々的な音楽&プロレスフェスということで開催されることに鳴ったDDTフェスにVIPチケットを奮発して買って行ってまいりました。

開場が30分も遅れてどうなるかと思いましたが、その悪い予感が半分的中することになりました。DDTの興行で開場時間や開始時間が遅れることはほとんどないので、やっぱりミュージシャンのリハに時間がかかったみたい。ここのあたりはやはり経験不足が露呈してましたね。整理番号順に並べだしてから強風の日陰に1時間立ちっぱなしにされたのは辛かったです。

会場入りした時には既にオープニンアクトのカワイイカンジジャパン☆DAの出し物が始まってて、落ち着いて見ることもできないで終わってしまって、レディービアードちゃんのデスボイスが始まりました。

いざ本編が始まると、アーティストさんが3連発。ここがなんかグダグダで、ベッド・インはただただ下品だったし、マッチョ29とかカメレオというよく知らないユニットにはまったくノレなかったり。


そんな憂鬱かつ拷問としか感じなかった30分が過ぎてようやく第1試合。カメレオ軍vsマッチョ29軍という名目で組まれた6人タッグでした。カメレオ軍は大鷲透選手がビジュアル系のTORUになってたり、赤井早希ちゃんも島谷常寛選手もビジュアル系になって、対するマッチョ29軍はビアちゃんがNHKテレビの生放送が間に合わないということで抜けちゃったり、DDTっぽさはあったものの、試合はかなり消化不良な感じでした。開場もノリきれてないっていうような。


でもね、ぬるかったのはここまでで、武田真治さんのユニットのBLACK JAXXはさすがの演奏とお客さんいじりで会場の空気を一変させました。流石ですね。

第2試合はLiLiCo&ゴージャス松野vsチャリー&ワンチューロ。どうってことないカードなんですが、松野さんとLiLiCoさんの掛け合いが楽しくて、圧倒的にチェリー&ワンチューロが優勢だったのに、LiLiCoさんの毒霧から松野さんのスクールボーイで逆転勝利。副賞のBLACKLOUT一年分はどうやらLiLiCoさんが独占したようです。


次のアーティストさんはCTS。ノリノリのDJプレイが素晴らしくて、会場は大盛り上がり。

続いてキン肉マンの悪魔超人?のひとりのステカセキングが登場してDJプレイをしながらの試合に突入。第3試合が石井&ヤス&菊タローvsKUDO&高梨&ヨシヒコ。音楽に合わせて試合展開が変わったりして、途中からはスタンハンセンやジャンボ鶴田の入場テーマになると、菊ちゃんのジャンボ菊が出たり、超楽しかったのですが、最後はイノキ・ボンバイエが鳴り響く中で酒呑童子とヨシヒコの3人が卍固めを決めて勝利!



ここからアイドル3連発。まずはBiSH。BiS解散後に組まれたグループですね、多分。

次が武道館ワンマンを数日後に控えたアップアップガールズ(仮)。あたしは青がイメージカラーの新井愛瞳さん推しなので年甲斐もなく楽しんでしまいましたよ(汗)。



続いてDDTレスラーのアイドルユニットNωAの3人が登場。本当のことだから書くけど、歌がすごく上手になってることにびっくりだし、ダンスも決まっててかっこよかった!けど、新曲を披露する前に強制終了、そのまま第4試合に。

第4試合は高山善廣&平田一喜&岩崎孝樹withアップアップガールズ(仮)vsNωAの大石真翔&勝俣瞬馬&MAO。NωAが買ったら新曲を披露できて、アプガ軍が勝ったら告知ができるということに。いやー、MAO選手がすごくいいんだわ、これが。でもでもまさかの高山選手のTOKYO GO! 最後はアプガ軍快勝で終わったのでした。
f:id:momo0258:20161107210229g:plain

次に登場したのはDISH//。正直あたしのよくわからない方々なのですが、ただのイケメンアイドルかと思ってたら演奏もしっかりしてていい意味で裏切られました。イケメンのDISH//を狙っている男色ディーノ選手を倒すために高尾と彰人を立てて操を守るために闘うのですが、高尾も彰人も、そしてタッグパートナーの渡瀬もイケメンだもんねー。ディーノには天国だわよね。





で、いよいよ大御所の清水アキラさんのものまね!
いきなり鼻テープで研ナオコ


すぐに引っ込んでロックンロールデスマッチ。アントンは持病の恋患いのせいで急遽A/YAZAWA選手にカード変更(やっぱり!!!)トランザム★ヒロシとの死闘が始まったのでした。試合の合間合間に清水アキラさんが入ってきてモノマネを披露し、それに合わせて両選手が「己の中にあるロック魂」を表現・・・。で、最後はヒロシ清水さんのダブルのブレーンバスターで勝利!








セミは新木場STUDIO COAST全面を使った路上プロレス。いよいよあの飯伏幸太選手がDDTに戻ってきました! 高木三四郎飯伏幸太&樋口和貞&伊橋剛太vs佐々木大輔&石川修司&遠藤哲哉&マッド・ポーリー。樋口選手とDAMNATIONの4人はおそらく初の路上マッチだったと思います。そしてゴールデン☆ストームライダーズとしてKO-Dタッグを獲得していた佐々木選手と飯伏選手の1年ぶりの遭遇です。樋口選手がVIPルームのバルコニーからのダイブを真横で見れて大感激でした。最後は遠藤選手が伊橋選手にスカイツイスタープレスで完勝でしたが、勝ち負けなんて路上プロレスにはどうでもいいことで、どれだけハチャメチャなことをするかが見どころなのですが、この8人はそれを完璧にやってのけました。すばらしい!!!
そしてぽーちゃんは相変わらずかわいかった♡





ミュージシャンの大トリは筋肉少女帯! 労働讃歌、踊るダメ人間、日本印度化計画などでレスラーも含めて会場全体が大盛り上がりの中、いよいよ「タチムカウ」の生演奏の中、入江茂弘選手と竹下幸之介選手が入場!!!! そして対するHARASHIMA選手と坂口征夫選手が入場し、異常な盛り上がりの中でいよいよメインいベントのゴングが鳴ったのでした。




パワーの入江&竹下に対してラッシュのHARASHIMNA&坂口。一進一退ななかで、入江選手のダイブや竹下選手の眉山に驚かされながら、その眉山で大ダメージを負ったHARASHIMA選手に入江選手がビーストボンバー、そして自分が垂直落下式バックフリップ(久しぶり!)で見事総選挙1位のHARASHIMAから完璧な勝利を奪ったのでした。
思い出せば、去年のDDT Special 2015でアンダーマッチをやってた2人が、このDDTフェスのメインでタッグを組んで、DDTのエースから勝利を上げたのです。まさに入江による入江による入江のためのフェスになったと言っても過言ではないでしょう。入江選手が最後に全部持っていきました。


そのあと、ビアちゃんがNHKに無事到着して会場に戻ってきたり、NωAが新曲を歌わせてもらったりで、トータルで6時間を大きく超えるDDTフェス2016が幕を閉じたのでした。

総評として、やっぱり前半のグダグダ感や段取りの悪さは大いに反省してもらいたいところですが、最後は間違いなくものすごくヒートアップしていたし、初回としては大成功だったといってよいのではないかと思います。



偉そうに言ってごめんなさい。