momo☆彡のスタイル。Ⅱ

Welcome to momo's weblog! Please do not hesitate to leave your footprints on this site.

DDTプロレス後楽園大会『Into The Fight 2016』観に行ってきました。

さいたまSAまで残り1ヶ月を切った最後の後楽園ホール。全体としてSSAを意思しかカードが並び、タイトルマッチはアイアンマンだけということでしたが、今日も熱くて楽しい試合でした。
詳しい試合結果などはDDT公式サイトなどを見ていただくとして、簡単に感想を列挙。

  • キング・オブ・ダークはようやく島谷選手から伊橋選手に戻りました。島谷選手がこれまでなんで勝てなかったのか不思議なくらいいい試合でした。これで新生DNAに晴れて出場決定。おめでとうございます!!!!
  • 第1試合はDNAとスマスカとNωAとの3WAY6人タッグ。SSAのKO-D6人タッグの前哨戦です。3way6人タッグというめまぐるしい展開の中で見事彰人選手が渡瀬から完璧3カウント。スマスカ入りした高尾選手が活き活きしてました!
  • 高木軍vsマイケル軍敗者国外追放マッチと銘打たれたこの試合はおそらく平田一喜選手と一時帰国中の中澤マイケル選手のいずれかが海外追放になる、ということですが、まあ実際はタイでお仕事をしているマイケルさんが負けるんだろうなってわかっててもそこを言うのは野暮。マイケルさんの奥様も久しぶりにDDT登場。
  • アイアンマンは<王者>こたつ vs 石井慧介<挑戦者> vs アントーニオ本多<挑戦者>。こたつ圧勝ですよ。石井選手のジャンピングニールキックもアントンの吊り天井にもビクともしないで完全防衛。次のSSAではなんとこたつ選手がヨシヒコ選手と相まみえる、かも。
  • 高山善廣&樋口和貞 vs 佐々木大輔&マッド・ポーリー。ポーリーさんの巨体を高山選手が見事にエベレストジャーマン葬。さすが帝王。樋口選手は見かけによらず?器用で、どんな組み合わせでも必ず内容のあるいい試合を見せてくれることにあらためて感心です。キャリアを考えるとすごいこと。
  • DDT UNIVERSE加入者促進ワールドワイド・スペシャシングルマッチとして組まれたコルト“Boom Boom”カバナ vs 男色“Bin Bin”ディーノ。当然ああいう試合になることは目に見えてましたが、暴走したディーノ選手が「UNIVERSEなんて関係ないわ」と言い放ちまさかの全裸!必死で隠すセコンド陣。そしてまさかのノーコンテスト。果たして筋書きどおりなのか、本当の暴走なのか、そういう想像も含めてDDTは楽しい。写真は撮れませんでした(涙)。カバナ選手は素晴らしかったなー。DDT向きですよ。
  • セミはSSAでKO-Dタッグを賭けて争う選手同士のスペシャシングルマッチ坂口征夫 vs 遠藤哲哉ですが、序盤の遠藤選手の奇襲が大成功しペースを握ると、途中からの坂口選手の反撃を跳ね返して見事スカイツイスタープレスで完璧3カウント。もしかして坂口超えって初めて?
  • メインはHARASHIMA&KUDO vs 竹下幸之介&ディック東郷SSAではHARASHIMA選手と竹下選手がKO-D無差別級を、KUDO選手は大山峻護選手と組んで東郷選手&高山選手と激突するのでその前哨戦です。だれが勝っても(つまり誰が獲られても)おかしくないこの組み合わせですが、やはりかつてKO-Dタッグを獲ったことのあるHARASHIMAKUDO組に一日の長があったのでしょう。HARASHIMA選手が竹下選手から蒼魔刀で直接3カウント。お見事でした。
  • 総括として、大きなタイトルマッチもなく、ほぼDDTレギュラー参戦選手だけでここまで面白いものを見せることができるなんて、本当にすごい団体になりましたね。週プロの菓子折り事件とかで騒いでたころから応援している身としては本当に感慨深い興行でした。当然SSAへのみんなの期待はもっと高くなったに違いありません。泣いても笑ってもあと29日です。Judgementです。果たしてカード発表はまたモニター使わずにリング上での選手生登場になるのでしょうか。そうしてほしいけど、会場広いし無理でしょうね。ちなみにあたしはSSAのチケット代が高すぎてスーパーシートを買うのを断念したのですが・・・(汗)。