momo☆彡のスタイル。II

Welcome to momo's weblog! Please do not hesitate to leave your footprints on this site.

Negicco SPRING 2018 TOUR~あなたの街に花束を~supported by サトウ食品 @恵比寿LIQUIDROOM

整理番号500番台後半という悲惨な状況下、あまり気乗りしないまま、奇跡を信じてとりあえず行ってまいりました。

物販先行は15時15分で、あたしが会場に着いたのが16時ちょい前。それでもツアーTシャツはMサイズしか残ってなくて、買おうかどうしようか迷ってたらあっという間に完売。かろうじて前回1月のベイホで買い逃したNegiccoネオンキーホルダーだけ買い、早めにコインロッカーに荷物と上着を叩き込んで、ぼーっとしながら開場待ち。場内ではNegicco3人の可愛いお写真が。




さてさて17時15分開場。整理番号Aとしては遅い番号でしたが、運良くというか、悪運が強くて、ひな壇状になってる途中のところを確保できたので、後方でしたがステージがちゃんと見られることに! 奇跡が起きました!
18時ジャストに出囃子が始まり、Negiccoの3人が登場。Negiccoのステージってちゃんと開演予定時刻を守ってくれるのでありがたいです。
ステージ後方にはバンドセットが置いてあるのですが、まずは3人だけのステージ。うー、何度も見てるのに、いつも最高の多幸感たるや。
ノンストップで駆け抜けてあっという間に前半が終わると、3人は一旦引っ込んで再び客電が点灯。15分くらい中入り的な休憩が入り、バンドメンバーが登壇。そして第二部がスタート!
CRCK/LCKS(クラックラックス)のバンド演奏が最高にかっこよくて、シンプルな演出なのに、Negiccoの3人のハーモニー&アクトが重なって、とーっても素晴らしいステージに。トロンボーンの前ちゃんがスペシャルゲストとして登場して、あたしにとって過去最高のNegiccoのステージでした。っていうか、いつもNegiccoのステージはあたしにとっては常に記録更新されるのだけど。ラストの「愛は光」→アンコールの「圧倒的なスタイル」の流れはもはや涙モノ。
圧倒的なスタイルの前には、7月21日の朱鷺メッセ新潟コンベンションセンターでのNegicco15周年記念ライブの発表もあり、もうね、この一言でしか表現できません。


ずっとNegiccoでいてくれてありがとう!


個人的に一番感激したのは、後半のMCパートで、かえぽが「寝ても一時間ごとに目が覚める」という話をしてたときに「同じ人います?」って客席に訊いたので、手を挙げると、Nao☆ちゃんが見つけてくれて、かえぽとジェスチャーで会話できたこと。あたしも超ショートスリーパーだからね。あたしはもう慣れちゃってるからなんとも思わないけど、かえぽはまだ若いんだから! ちゃんと眠れるといいね。
あとは、かえぽがぽんちゃの本名?を言ってしまうアクシデントもあったり、Nao☆ちゃんが言い間違えがひどかったり、本当に自由なMCが最高に楽しかったですよ。






終演後にサトウ食品さんからのプレゼントが配られたのですが、できるだけダメージなく持って帰りたかったので、セブイレで紙袋を買って、恵比寿に行くといつも寄る海鮮丼屋さんで遅い晩ごはん。

大事に持って帰ってきて、帰宅してすぐに7月21日の予定を確認したら・・・
Shiggy Jr.の名古屋公演のチケットを既に買ってた。


うひゃー。
元々、Shiggy Jr.の東京公演の日に先約があったので名古屋のチケット取ったのに、今度はそこにNegiccoの公演が入るなんて。

名古屋にするか新潟にするか。
Shiggy Jr.をあきらめるか、Negiccoをあきらめるか。
Shiggy Jr.のチケット代を無駄にするか。


悩みは尽きません。