momo☆彡のスタイル。II

Welcome to momo's weblog! Please do not hesitate to leave your footprints on this site.

DDTプロレス『KING OF DDT 2018 3rd ROUND』と東京女子プロレス『BRANDNEW WRESTLING 2~今、攻める時だ~』を見てきました。

25日の土曜日はDDT本体と東京女子プロレスのハシゴ。と言っても後楽園ホールの昼夜興行ですので移動時間はありませんが。

12:00~DDT本体


12時開始のDDT本体。はっきり言って客入りは悪かった。だからといって試合がつまらないわけではないのがプロレスの面白いところ。史上最大の選手がエントリーされたKING OF DDTトーナメントの準々決勝。個人的な注目はMAO vs ベイリーのチャンピオンタッグチーム同士の対決。MAOがベイリー超えをしちゃった!450°スプラッシュ。今日のベストバウトだったと思います。
今回のトーナメントではいわゆる若手通信時代の選手の台頭が嬉しかったな。今日の遠藤哲哉戦で惜しくも負けちゃったけど、平田一喜選手は惜しかった。でも、平田一喜選手なりの「強さ」を表現できたのではないでしょうか。
そしてメインイベントは、その若手通信世代対決になったメインの石井慧介vs佐々木大輔。激しい意地の張り合いで何度も繰り返される場外戦がすごかったし、試合は本当にアツかった! 結果はカリスマの貫禄勝ちだったけど、石井選手がなにか吹っ切れたようなファイトが新鮮でした。
その結果、明日26日の準決勝は、MAOvs遠藤哲哉、HARASHIMAvs佐々木大輔に決定。HARASHIMAだけはいやだなー。カリスマには「もうアンタの時代じゃない」ってHARASHIMA選手に引導を渡してほしい。

とにかく、明日も楽しみ!!!

遅いランチ

東京ドームシティのデニーズで遅めのランチというか早めの晩ごはん。

18:00~東京女子プロレス

夜興行は東京女子プロレス

あたしの注目は第2試合の元のどかおねえさんが天満のどかとして再デビュー的なキャラチェンジ。これが最高にかっこよかった!!! もともとのんちゃんのこと大好きだけど、ますます好きになちゃった。多分東京女子所属選手のなかで一番の推し選手がのんちゃんです。フィニッシュは新技! キルスイッチっていう名前のようです。
第5試合の中島翔子vs里歩はさすがテクニシャン同士の激しく奥深い試合でした。20歳にしてキャリア13年(だったと思う)里歩選手の蒼魔刀で順当勝ちだったけど。説得力ある!
場内が最もヒートアップした試合がセミファイナルのプリンセスタッグ王座決定戦。キャリアでも実績でも一番劣る伊藤麻希選手が大奮闘。技の種類は少なくても、伊藤選手の気持ち、気概が全面に出たファイトが場内を沸かしていました。最後は伊藤選手が集中攻撃されてユニットパートナーの瑞希選手のキューティースペシャルに屈してしまったけど。今夜のベストバウトにして、伊藤選手のキャリアハイの試合だったと思います。
メインは山下実優vs優宇のプリプリタイトルマッチ。結果は優宇選手はまだ東京女子プロレスのスーパー宇宙パワーにはなれなかった。
当然個人的な感想だけど、前半戦は正直つまんなかった試合が多かった。天満のどか選手の登場は別としても試合自体はそれほどのものではなかったし、アプガ(プロレス)の第一試合は、技は派手でも技のつなぎやロープワーク等々の基本がダメ。第2試合はまなせ選手がまた大きくなってるし(太った)、第3試合の結果からなんでプリシラ選手がタイトル戦に名乗り出るかが意味わからんし、第4試合は滝川あずさ選手がほぼ見せ場なく・・・。アズクリ時代は何だったの?って思っちゃった。
いい試合とそうでない試合の差が激しい。それが東京女子プロレスの現状と言わざるを得ません。選手をアイドル目線で見てないあたしとしては前半は相当だるかった・・・。でも後半で一気に巻き返してお釣りが出るくらいいい試合が続いたのでトータルでは満足!!!!でした。

大きなお世話

最前列でα9に白レンズで撮影してるお金持ち男性に一言。その構え方は根本的に間違ってる。機械に頼ってるだけだよ、あなた。基本がなってない。そんでファインダー越しで試合の熱さはあなたには伝わったですか?