momo☆彡のスタイル。II

Welcome to momo's weblog! Please do not hesitate to leave your footprints on this site.

DDTプロレス後楽園ホール大会『DDT LIVE! マジ卍超』~新春お年玉スペシャル!全席2000円興行!!2019~

先月30日の後楽園ホール大会でのアクシデントで吉村選手が欠場となってしまい、メインで組まれていたKO-D無差別級タイトルマッチが流れてしまったのは残念でしたが、すごく楽しい興行でした。前回の後楽園があまり良くなかったと思ってるのですが、DDTはこういうお祭りのノリでカード組んだほうが結果としていい内容(もちろん勝負論としても)であることが多いと思うので、変にかしこまらないでほしいなって思いました。

写真は撮りそこねたけど、全日本プロレスに入団した石川修司選手がDAMNATION継続参加してくれることになりました。石川修司選手はダムネのムードメーカーでもあり、重しでもあり、強さの象徴だったり、ビッグマッチ限定のプレミアム感だったりするので、継続参加はうれしいかぎり。これもDDTの全方位親善外交の賜物ですね。

どの試合も良かった☺けど、メインまでのベストは第一試合のエル・リンダマン選手vs島谷常寛選手かな。島谷くんがとにかく元気だし、リンダマン選手もうまいし。手が合うんですね、きっと。
セミ青木真也選手vsタノムサク鳥羽選手のEXTEREME級タイトルマッチはノレなかった。あたしは総合の頃から青木選手が相当嫌いなので・・・。2/17の両国でHARASHIMA選手がタイトルマッチを直訴して認められたので、HARASHIMA選手のタイトル奪取→青木選手参戦終了という展開に期待したいです。(想像だけど多分そうなるブック・・・・。)

メインはKO-D6人タッグ選手権。王者組#STRONGHEARTSに竹下・彰人・飯野のALLOUTが挑むんだけど、#STRONGHEARTSのCIMA以外の選手がめちゃいいんだわ、悔しいけど。でもね。今回は飯野選手の活躍が光りました。持て余し気味で活かしきれてなかった体格のポテンシャルをいかんなく発揮し、試合権利を持っての内容も良かったし、アシストでも良かった! 最後は竹下選手がCIMA超えを果たしまして、タイトル移動。そして#STRONGHEARTSがDDT撤退を匂わす発言があり、なによせっかく馴染んできたのに・・・。

流れたKO-D無差別級タイトルマッチですが、結局2/17両国までタイトルマッチが組まれることはなく、現王者と佐々木大輔選手とD王優勝の竹下幸之介選手が発表されました。
仕方がないことだけど、あと一回くらい防衛戦を挟んでも良かったかもね。