momo☆彡のスタイル。II

Welcome to momo's weblog! Please do not hesitate to leave your footprints on this site.

カノエラナ 猪鹿超絶ぼっちツアー @新宿ReMY(いちおう、ファイナル)

新宿ReMYっていうライブハウス、行ってみたら以前の新宿アイランドホールでした。名前が変わったっていうか、多目的ホールからライブハウスに模様替えしたようです。大昔にNEO女子プロレスを観に来たことがありましたね。

先行物販に間に合うように早めに行ってみたんですが、14時の段階でかなりの人出で、終演後に買えばいいかと早々に退散し、1階のロイホでランチしてまして。


15時半が開場時刻なので、その15分くらい前に列に並んでスムーズに入場できまして。整理番号は70番代後半。悪くもなく良くもなく。運良く前から2列目のいいかんじの場所を確保できたので、カノエくんを堪能できましたよ。

今回のセトリはカノエくんいわく「ゆったりした曲中心」ということでしたが、あたしには「ゆったり」というよりも「シリアスな曲」が多く感じられました。初期の頃から作風がずいぶん変わったなって思いまして、それだけSSWとしての深さが出てきてるように感じました。歌詞の一言一言、ギターの一音一音に凄みが増し、なんていうんだろう、鋭い刃物を喉元に突きつけられるような、そんなものを想像しました。
決しておとなしい曲ばかりではないんです。とてもたったひとりのギター弾き語りとは思えない迫力満点のものすごいステージでした。ギター2本、黒豆(影)と鳩子を使い分けて音色の違いも楽しめて、MCはやっぱり楽しくて、嘘なしで「完璧」でした。
後半には明るめの歌もあって、わっしょい歌もあって、しかもアンコールにはメドレーが披露されたり、もうもうもう、お腹いっぱい、大満足の2時間ジャストのひとりぼっちのステージが大団円でした。

さてさて、物販後にサイン会があるという発表もあって、終演後の物販には長蛇の列というより、黒山のひとだかりで、通路を抜けるのも難しいくらい。あたしも物販に並んでたんですが、これは相当時間がかかりそうと思って、早めに諦めてしまいました。こんなことなら先行物販で買っておくべきでしたね。

この猪鹿超絶ぼっちツアー、沖縄で追加公演が決まっており、この新宿がいちおうのひとくぎり(ファイナル)。沖縄公演ではセトリをガラリと変えるそうで、ああ行ってみたいな・・・。