momo☆彡のスタイル。Ⅱ

Welcome to momo's weblog! Please do not hesitate to leave your footprints on this site.

料理もミステリーもぐっとおいしくなりました:桜宵

北森鴻さんの『花の下にて春死なむ』の続編、『桜宵』です。

桜宵
桜宵
posted with amazlet on 06.04.26
北森 鴻
講談社 (2006/04/14)

一作目の常連さんの出番は少なくなって、新しいお客様たちが登場します。
お話の中身はもちろん、工藤が出すお料理も前作以上に、おいしくなってます!

一番興味深かったのが、表題の「桜宵」というお話と、一番最後の「約束」というお話。
「桜宵」のほうはちょっとホロリときちゃいそうなお話。切ない母心と、死んだあと残される夫を思う妻の気持ちに、心を打たれます。
一方の「約束」は、幸せを手放したくない女性が企てた恐ろしい計画のお話です。ちょっとオカルトチックだけど、何となく気持ちがわかる。結局幸せなんて自分の心の中にしか存在しないのだし、それを他人との比較でとか、自分の中で勝手に置いた基準でか認識できないのかもしれない。だから他人をねたんだり、今あるものを失いたくないって執着したりするのかな。
ああいう心理って男性にはわかんないかもしれないですね。


こうなると第三作目の『螢坂』もすぐに読みたくなっちゃいますね。


評価は★★★★☆。期待してるからこそ、辛め。