momo☆彡のスタイル。II

Welcome to momo's weblog! Do not hesitate to leave your footprints on this site.

読書

重松清さん『ステップ』読了しました。

昨日、泣きそうになって止まってたページから、最後まで読み終わりました。想像していたエンディングよりも、いい展開だったので、健一も美紀も、そしてナナさんも、義父も義母も救われた気がします。泣くような展開じゃなくてホント良かった。素晴らしい読…

涙で進めない。

お昼ごはんは久しぶりのモスバーガー。 今日はスパイシーモス。いつものスパイシーモスチーズではなく。深い意味はないです。単にあたしがオーダーを間違えただけです。 お口のまわりをミートソースまみれになりながら、ページをめくる。 「ホップ、ステップ…

嗚咽。

今日は午前中からいろいろ動いてました。 ひととおり用事が終わると、ドトールに駆け込んで本を読もうと。 重松清さんの『ステップ』。 読んでると、切なくて切なくて、涙が止まらなくなってしましました。嗚咽しないようにタオルで口を塞ぎながら。ずっと泣…

せぷてんばぁ。

今日から9月です。 そういえば梅雨明けの確定日が7月末に変更になったそうですね。例によってカレンダー。 小説の補充。中江有里さんの。 わたしたちの秘密 (中公文庫 な 79-1)作者:中江 有里中央公論新社Amazon結婚写真作者:中江 有里日本放送出版協会Amazo…

中江有里さん『水の月』読了しました。

バイクで朝ジョナ。 こんなちっさなお茶碗のしらすごはんを3時間以上かけて、物語が終わるまでの残り3分の2を一気読みしました。つまりジョナサンで3時間ほど粘ったのです。たった499円で。 文章すべてが電子メールでの会話だという凝った作品で、両親の離婚…

日焼け。

今朝もウオーキングでジョナサン。 日焼け止めの塗り方が甘かったのか、腕が日焼けしてしまいました。 しかも時計焼け・・・。 あーあ。やっちゃった。中江有里さんの『水の月』を今日から読み始めました。 ちょいちょいちょい! 面白いです! 全編メールっ…

今日はこれ。

在庫が残り1冊になりました。 今日から読むのは、女優さんでもある中江有里さんの「水の月」です。 出版社が「潮出版社」であることは不気味ですが。 水の月作者:中江 有里潮出版社Amazon 今日は徒歩ジョナ。 家を出た朝7時くらいはほんのちょっぴり雨が残っ…

辻村深月さん『かがみの孤城』下巻、読み終わりました。

今日の夕方から初めてページを開いてみた下巻ですが、4時間弱で一気読みしてしまいました。ページをめくる手が止まりませんでした。 物語の展開、上巻で巧みに張り巡らされた伏線が、次々と回収されていくスッキリ感も、本当に奥深かった7人の事情も、城に呼…

辻村深月さん『かがみの孤城』上巻、読み終わりました。

お盆休みに突入して、自由時間が増えたので、今日、一気に『かがみの孤城』の上巻を読み終えました。かがみの孤城 上 (ポプラ文庫)作者:辻村深月ポプラ社Amazonかがみの孤城 下 (ポプラ文庫)作者:辻村深月ポプラ社Amazon読みはじめの頃は、ジュブナイルノベ…

捨てるつもりでブックオフ。

部屋の隅で山積みになっていた、読み終わった本をブックオフに売る。そういうことにしました。 ブックオフでは二束三文にしかならないから、捨てるつもりで売る。 今では捨てるだけでお金がかかるので、タダでもいいから持っていってくれるブックオフは頼り…

捨てるつもりでブックオフ。

部屋の隅で山積みになっていた、読み終わった本をブックオフに売る。そういうことにしました。 ブックオフでは二束三文にしかならないから、捨てるつもりで売る。 今では捨てるだけでお金がかかるので、タダでもいいから持っていってくれるブックオフは頼り…

日曜日。

今日は水道橋。 プロレスでした。 プロレスを観に行く日の朝は早い。 いつものカフェ・ベローチェ 水道橋店 で朝ごはん。 あーんど読書。 「夜の谷を行く」を最後まで読み終わりました。ハッピーエンドではないんだろうけど、なんか救いがあったような終わり…

『夜の谷を行く』、8割読み終わり。

まだ全部読み切ってないのでどういうエンディングになるか楽しみではあります。 この作品は連合赤軍が犯した「山岳ベース事件」という大量殺人事件を下敷きにしたモキュメンタリーと呼ぶべき物語なのです。 永田洋子とか森恒夫とか、実在した人物が登場する…

土用の丑の日。

今シーズンはもうジョナサンでうなぎってるのですが、本日が土用の丑の日なので、ファミマで山積みされているのを買ってきました。 うなぎって、金銭感覚がマヒしそうになりません? 今日はほとんど税込み3,000円くらいの「特上」にしました。普段ならそんな…

りかばりぃ。

久々のレブル250。真っ昼間で暑くって死ぬかと。 ジョナさんで、うな丼ダブル! ずっとうなぎの蒲焼き食べたかったし、雨の日が多くてバイク乗れてなかったし。あとね、ジョナサンさんで、浅田次郎さんの『マンチュリアン・リポート 』を勢いつけて読み終わ…

プルーム・テック、はじめました。

今朝は歩いて朝ジョナ。 いつの愛煙しているメビウスの5mgメンソールが、どこに行っても売ってない。もしかしたら販売終了なのかも。と、しんみりしながら、別の銘柄にしちゃうなら、いっそ電子タバコにしちゃおうかと思い切って、買い揃えました。 ただいま…

浅倉秋成さん『教室が、ひとりになるまで 』読み終わりました。

アマゾンでのカスタマーレビューの評価が高かったので、この本を求めたのですが、あたしにはよくわからない作品でした。特殊能力ミステリーというジャンルに入るそうなんですが、何がそんなに面白かったのか、まったくと言っていいほど理解できませんでした…

宇佐美まことさん『愚者の毒』を読了しました。

ようやく読み終わりました。 すごく練られた、書き下ろしのミステリー作品です。 複数の年代が並行して描かれているのと、登場人物が途中で入れ替わったり、あえて呼称を変えている場面が多いので、多少の混乱はあるかもしれませんが、それがうまく繋がった…

いきぬき土曜日。

今週は仕事でつらいことが続いていましたが、ようやく土日。 まさに息抜きでした。まず、新しい本を買いました。 女優・作家・歌手の中江有里さんの長編小説『水の月』です。評判も良いし。ドラマ『白の条件』も好きでした。 水の月作者:中江有里潮出版社Ama…

『岸辺のアルバム』読了しました。

テレビドラマで、家が流されていく実際の映像、そしてドラマ内ですぐにも流されそうな家に親子4人がアルバムを持ち出そうとし、グワングワン揺れている家の中で、最後に4人が家に「ありがとう」って口々に別れを言う、あの名シーンは、この作品にはなかった…

いよいよ。

全部で500ページを越える長編も、いよいよクライマックス。 ここまで、ひたすら「杉浦直樹」の演じる団塊医の世代? ドラマの舞台は1974年。杉浦直樹さんが演じる謙作は45歳くらいっぽいので、団塊の世代よりもっと上の世代の男性である謙作の典型的なダメさ…

読みはじめ。

『岸辺のアルバム』、ようやく読みはじめました。 まだぜんぜん序盤ですが、読んでると、母親の則子にどうしても八千草薫さん(ドラマでの則子役)がチラつく。そして夫が杉浦直樹さんで、息子が国広富之さん。長女は中田喜子さん。それくらいに強烈なドラマ…

仕入れ。

この3冊を注文しました。 すぐに読めるわけではないのに。かがみの孤城 上 (ポプラ文庫)作者:辻村深月ポプラ社Amazonかがみの孤城 下 (ポプラ文庫)作者:辻村深月ポプラ社Amazon夜の谷を行く (文春文庫)作者:桐野 夏生文藝春秋Amazon そしてまた、桐野夏生さ…

山田太一さん『終りに見た街』読了しました。

アマゾンで買った本は、昭和59年に売られていたものでした。 そのせいかもしれませんが、文章そのものも、少し古い言い回しだったりします。 今売られている本はどうなっているのかしら、なんてことを考えたりもします。物語は何度かテレビドラマ化されてい…

桐野夏生さん『OUT』読了しました。(少しネタバレあります)

昨日までに下巻の半分くらいまで読んでいたのですが、仕事が終わってから残りを一気に読み終えました。佐竹が4人を追い詰める後半では、スリル十分で楽しくて、邦子が殺されたのは、処分のされ方も含めて、正直「いい気味」って思ってしまいましたが、ほかの…

迷惑家族。

となりの部屋に住んでいる一家が、どうやら引っ越しするらしい。今、引越屋さんが荷物を荷台に載せている。この家族は、部屋の中で子供が走ってるっぽく昼でも夜でも足音がひどく、昼間は駐車場・駐輪場で子供を遊ばせていて危険だし、駐車場を契約してない…

桐野夏生さん『OUT』読んでます。

読み始めたらなかなか止まらない。上巻の半分くらいまで読み進めています。 どうしてこんな評判の桐野夏生さんの代表作を読んでなかったのかというと、桐野夏生さんのもうひとつの代表作である村野ミロシリーズは読んでいましたが、巻数が増えていくたびにひ…

乃南アサさん『しゃぼん玉』読み終わりました。

しゃぼん玉 (新潮文庫)作者:アサ, 乃南新潮社Amazonさっきまでドトールでコーヒーブレイクがてら読み終わりました。 もしかしたら一度読んでるかも・・・というデジャヴ感を覚えながら読み始めましたけど、結果としては初めて読む作品でした。2日でスラスラ…

重松清さん『とんび』を読了しました(ただし号泣)。

たった今、読み終わりました。 読みながら、何度泣いたでしょう。読むたびに泣いていました。 この『とんび』が、もしかしてあたしがこれまで読んできた(読書中断前も含めて)どの本より、最高な作品、と決めつけるのはよくないけど、それくらいの、心がず…

証拠隠蔽。

今朝は雨がやんでいたので、バイク屋さんに行って、サイドミラーを交換してもらいました。これで完全犯罪の完成です。 そしてジョナ飯。ピザ。ほんとうはデリバリーピザが食べたいのですが。 そしてまた泣く。