momo☆彡のスタイル。II

Welcome to momo's weblog! Do not hesitate to leave your footprints on this site.

ゆうしゅんひんば。

明日は東京競馬場で、オークス(G1)が行われます。
3歳牝馬が過酷な2400mを走るレースです。
1996年、直線で蛇行したノースサンデーから致命的不利を受けて4着に終わったロゼカラー、2001年でこのレース2着のローズバド。脈々と受け継がれているのは血だけではなくその目標も。

5月22日(日)東京11R 第83回優駿牝馬オークス)(G1)
◎(2)スタニングローズ

金曜日の夜にオッズをみたら、単勝で70倍を超えていて、びっくりしました。
今(土曜日13時)で、単勝8番人気の14.6倍。なぜか複勝のオッズがもっと下位人気の5.0~6.8倍。複勝でドーンといってみようかなあ。

レッスルユニバース会員のつぶやき。

DDTグループは、今年1月からメルマガの発信を停止しています。
会員先行のチケット申し込みのために今まで頼りだったメルマガが停止したため、今年だけでもう3回もユニバース会員先行を逃しています。
自分自身で、レッスルユニバースのサイトを監視して、というのはかなり大変です。
メルマガ再開してほしいな。

読みはじめ。

岸辺のアルバム』、ようやく読みはじめました。
まだぜんぜん序盤ですが、読んでると、母親の則子にどうしても八千草薫さん(ドラマでの則子役)がチラつく。そして夫が杉浦直樹さんで、息子が国広富之さん。長女は中田喜子さん。それくらいに強烈なドラマでしたもん。最終回くらいしか記憶がないけど。

でね。Wikipedia岸辺のアルバムのページを読んでいると、よくもまああの時代でこんな話書けたわね、って思うくらい、めちゃくちゃな家族(笑)。
さあ、じっくり楽しませてもらいます。

仕入れ。

この3冊を注文しました。
すぐに読めるわけではないのに。


そしてまた、桐野夏生さんを買ってしまうのです。
む。

オンキヨーが自己破産。

大学4年のとき、就職セミナーに行ったなー。結局、応募しなかったけど。
それこそ30年前、オーディオ屋さんが隆盛でした。ケンウッドもセミナー行きました。
今、あたしのAM/FMチューナーとスピーカーがオンキヨーです。
news.yahoo.co.jp

いいものを作ってればいい・・・っていう時代はとうに過ぎたよね。残念です。
イオニアも時間の問題よね。

山田太一さん『終りに見た街』読了しました。

アマゾンで買った本は、昭和59年に売られていたものでした。
そのせいかもしれませんが、文章そのものも、少し古い言い回しだったりします。
今売られている本はどうなっているのかしら、なんてことを考えたりもします。

物語は何度かテレビドラマ化されていて、あたしはそちらも見ていて、その最後のシーンの画面の強烈さと衝撃に、忘れられないでいます。
結果として、あまり映像化作品とあまり変わらないお話でした。でもインパクトに欠けるなんていうことはなく、ただひたすら、恐ろしいものです。
230ページ程度の本なので、その気になれば1日で読めるでしょう。ストーリーを知らない方にはぜひ一度お読みいただきたい名作です。


さて、次は・・・。
こちらも山田太一さん。

あ~あ。

今日のヴィクトリアマイル(G1)、ソダシが強い内容で勝ちました。いつもこの子も買ってるのに、今日はシャドウディーヴァの方を買ってしまいました。ソダシの復活はとても嬉しいのですが、今回はソダシを信用しきれなかったことに懺悔。人気上位が拮抗してて、ソダシは4番人気だったのですが、差がない3番人気のファインルージュが2着で馬連の配当が20.1倍とあまり荒れなかったから、悔しさも割り引かれてるのがまだマシでした。

久しぶりのレブル乗り。

早く寝ようっと。

ゔぃくとりあまいる。

金曜日に雨があれだけ降ったのに、土曜日の芝は良まで回復してる。水はけがいいなー。馬場造園課さんのみなさんの努力の賜物なのです。
で、明日のヴィクトリアマイルですが、玉砕覚悟で(17)シャドウディーヴァと心中します。だってずっと買ってきたんだもん。
外が伸びて差しが決まる馬場になっている(希望)と思うので、むしろシャドウディーヴァには外枠は歓迎なのでは(希望)? 前が速くなりそうですし(希望)。

5月15日(日)第11R 第17回ヴィクトリアマイル(G1)
◎(17)シャドウディーヴァ



がんばってる。

昨夜、いつもの週末の通り呑みに行ってたんです。普段より遅い時間にお店を失礼して帰宅の途についたのですが、昨夜発生した停電のために電車が止まっていたせいで、いつもなら30分弱の電車が1時間半もかかってしまいました。乗り換える電車も終電ははるか昔に終わってて、そこから自宅まで歩いて帰る羽目に。

暑かった・・・。

帰宅したときには汗びっしょりで、シャワー浴びて、冷房入れてクールダウンしてとかやってたら早朝の4時まで寝付けませんでした。

今日は、寝不足な中、コンタクトレンズを受け取って、そのまま新宿まで足を伸ばし、ユニクロジーンズとTシャツ買って、すぐにとんぼ返り・・・。
あたしは試着はあまり好きじゃない。だって汗びっしょりになっちゃうから。

暑かった・・・。

今日はいっぱい歩きました。
コロナ太り解消も兼ねて・・・。

シャワーが気持ちいいよ。

桐野夏生さん『OUT』読了しました。(少しネタバレあります)

昨日までに下巻の半分くらいまで読んでいたのですが、仕事が終わってから残りを一気に読み終えました。

佐竹が4人を追い詰める後半では、スリル十分で楽しくて、邦子が殺されたのは、処分のされ方も含めて、正直「いい気味」って思ってしまいましたが、ほかの3人の幕の閉じ方はあまり感心しなかった。
雅子と佐竹の対決シーンでは、理解できない箇所ばかりで、2人にはまったく感情移入できなかったですし、エログロな描写も気持ち悪くて、つまり想像も共感もできず、悪い意味でページをめくる手が止まりませんでした。ただ単に早く終わってほしかったから。
読後感は当然よくないです。桐野夏生さんの作品にそれを求めてはいけないんでしょう。
当分、桐野夏生さんの作品は読まなくていいかも。

次は、これにします。