momo☆彡のスタイル。II

Welcome to momo's weblog! Please do not hesitate to leave your footprints on this site.

ようやく貞寿先生の四谷怪談を全部聴けました。

今日、久しぶりに一龍斎貞寿先生の講談を聴きに行くことができました。あたし個人の気持ちの問題で貞寿先生の講談に足を運ぶハードル(敷居?)を勝手に高くしてしまっていたのですが、今回は四谷怪談の連続読みということで、意を決して行ってまいりました。

貞寿先生の四谷怪談をは全4話で、最後の4話部分だけ今まで聞く機会がなくって、今回が大チャンスだったのです。怪談物なんて8月くらいしか聴けませんので、今回を逃すとまた来年まで待たなくっちゃいけなくって。で、その第4話部分(今回は中入り後に3+4話をひとつのお話にしておられました)ですが、あたしはてっきりバッドエンドになってると想像してたのですが、たしかに怖い話ではあるんですけど、なんかね、ほっこりするというか、じーんっていうか、ここは貞寿先生の独特のものなのかもしれませんが、あたしとしては「よかったな」「少し救われたな」という感想を持ちました。


聴けて本当に良かった。
これでわが人生に悔いなしです(うそ)。


終演後、貞寿先生にハイタッチしてもらいました。
おー、ひさしぶりー!って感じで。
まあほぼ毎月1回以上高座を観に行って、バーでもお会いしたり、常連だったからね。


さてさて。

この日も暑くって、お昼は冷たいものばかり飲み食いしてしまいました。


晩ごはんいらない、かも。

『愛の渦』と『牝猫たち』をNetflixで観ちゃいました。

「全裸監督」を観るためだけに1200円/月は高すぎるので、おすすめ表示に出てきた映画を眺めてたら、昔、映画館で観ることができなかった成人映画が表示されたので、かなりの興味を持って観てみました。

最初の作品は『愛の渦』。
乱交パーティーに集まった見ず知らずの男女の一夜を描いた舞台作品の映画化。もちろんR18+作品。本編123分のなかで服を着ているシーンが18分30秒しかないということで話題になりましたが、さすがに映画館まで行くのはためらわれますよね(笑)。
で感想なんですけど、ほぼ全編性行為の映像なのかなって思ってたんですが、実は性描写などよりも、男女の感情の変化、衝突、葛藤がストリーのメインで、過激な性描写自体はストーリーにはさほど関係ないという印象を受けたのですが、ただし過激な性描写がなければ成立しない作品ではあります。主人公のニート役の池松壮亮DDTKUDO選手に似てるイケメン!!!!)と女子大生役の門脇麦、このふたりの演技が素晴らしい。特に門脇麦の演技力は眼を見張るものがあります。普段は物静かな女子大生が性行為になると豹変する、そしてニートと女子大生のふたりは劇中で確実に意識しあってて、互いに好意を寄せていくように見られます。物語の終盤、とあることからお互いに携帯番号を知ることになって、見てる側からすると「このふたりが首尾よくカップルになれるチャンス」が来たと期待させ、一旦がっかりさせ、でもまた期待させて、最後の展開で「あー、もう!!!」って、なんかモヤモヤする結末を迎えます。
すごくいい作品であることは間違いなく、あたしみたいにエロがあまり得意ではない方にもおすすめできる作品かと思います。
f:id:momo0258:20190818062109p:plain


次に見たのは『牝猫たち』です。こちらもR18+指定。
日活ロマンポルノ45周年を記念した「ロマンポルノ・リブート・プロジェクト」の一環として制作された映画です。舞台は池袋。デリヘル嬢の雅子(井端珠里)、結衣(真上さつき)、里枝(美智枝)の3人のそれぞれのストーリーが展開されていきます。最後はハッピーエンドとはならず、三者三様の結末を迎えます。
エロ描写はそれほどハードなものではないのですが、あたし的には「デリヘルで本番、キス、客との恋愛はありえないよねー」って思いながらも、それなりに楽しく観られました。
f:id:momo0258:20190818061957p:plain


あたしはエロは苦手で、林真理子渡辺淳一の「人間を描くことはすなわち性行為の描写」的な発想が嫌いで、映画でも必ずしも性描写がなければいけないとは思わない(実際、そのシーンいらんでしょ?っていう作品もあるように思う)のだけど、この二作品に限っては、その必然性があったように思います。
Netflixのおかげで出会えたんですが、Netflixは邦画のラインナップが充実していないので、Amazonプライムにも加入しようかなとか考えてたりなかったり・・・・。

はじめてのツーマン~武藤彩未×Kaede(Negicco)~ @代官山UNIT

整理番号はほぼ170番という劣悪なチケットを持って、酷暑の中、大汗をかきながら行ってまいりました。

代官山UNITってライブ情報サイトにはキャパ550人って書かれてるんだけど、あたしの170番でもうメインフロアはパンパン。ドリンクカウンターのあたりにしか陣取れませんでした。それでもかえぽもAYMもはっきり観られて至高の時間でした。
あたしにしてみたら、AYMの活動停止のステージを観られてないし、活動再開後のライブも抽選に外れたり日程が重なったりで行けてなかったので、2015年10月以来、ほぼ4年ぶりのAYMとの再会でした。23歳になってどう成長しているかと思ったら、4年前のAYMといい意味で変わりなくて、相変わらずMCは早口で長くて脱線して・・・うれしかった!
一方、かえぽの方はかなり緊張していたようで、時々声が裏返ったりする箇所もあって、本人としても悔いが残っているかもしれません。かえぽ大推しのあたしにはかえぽが観られるだけで大満足なんですけどね。
んで、アンコールでかえぽとAYMのコラボが2曲あって、まさかの圧倒的なスタイルでかえぽファンとAYMファンがラインダンス!!! 死にそうなくらい楽しかったです。
帰りに4年ぶりのAYAMIDIAも受け取って、めっちゃHappy。

それぞれのMCから判明したのは、AYMがほんの2ヶ月位前に「ツーマンライブやりたい」って思いついて、タワレコの嶺脇社長に相談したら、候補としてかえぽの名前があったので、ツイッターのDMでオファーしたところ、OKが出て、そしたら、代官山即UNITをおさえたっていう連絡があったという急展開だったそうな。なんか若さっていいなって思いました(笑)。



AYAMIDIAからセットリスト転載。

Kaede
M01. あの子が暮らす街(まであとどのくらい?)
M02. キラキラ
M03. あたらしい歌
M04. カエデの遠距離恋愛
M05. あなたは遠く
M06. スウィート・リグレット
M07. 飛花落葉
M08. クラウドナイン
M09. 蛍の光<アカペラ, Original: 私立恵比寿中学

武藤彩未
M01. 桜ロマンス
M02. 宙
M03. 風のしっぽ
M04. セシル<Original: 浅香唯
M05. 悲しみよこんにちは<Original: 斉藤由貴
M06. この指に止まって<未音源化曲>
M07. 音のような言葉<新曲>
M08. 彩りの夏

アンコール
EN1. 圧倒的なスタイル<武藤彩未、Kaedeコラボ>
EN2. OWARI WA HAJIMARI<武藤彩未、Kaedeコラボ>

全裸監督のためだけにNetflixに入ってしまいました。

大評判の『全裸監督』を観たいためだけに、Netflixに入ってしまいました。
全8話、350分以上ある作品を昨夜から今朝3時まで見入ってしまいました。確かにAVの世界の話ではあるんだけど、なんかあっけらかんとしてるし、人間の本質に迫るようなストーリーでした。抜群だったのは、あの黒木香を演じた森田望智(みさと)さん! すごくキュートなんだけど、テレビ出演している黒木香を演じているときは、本当のあの黒木香さんが乗り移ったようで、体当たりのAVシーンも、もう最高すぎました。まさに「化ける」とはこのことでしょう。男女問わず観てほしい作品です。
すでにシーズン2制作も決定し、今から楽しみです。
f:id:momo0258:20190817094326p:plain

で、睡眠時間3時間で朝ジョナ。
今夜は、武藤彩未さんとかえぽのツーマンライブに行ってきます。整理番号よくないので少しでもいい場所で見られるといいな。

出番ですよ!

早速、先日購入したTASCAM CD-RW900MKIIの出番が参りました。
昨日レンタルしてきた田所あずささんの1stシングル『DREAM LINE』をPCでリッピングし、聞き直してみると、エラーが発生していました。CDの盤面を見ると小さな傷と全体に曇りがあって、パイオニアのPC用のドライブだとエラーが出ちゃう。
そういうときこそ、CDレコーダーの出番。純粋なCDプレイヤーのエラー訂正機能を活用し、CDプレイヤーとCDレコーダーを光ケーブルで接続、CDプレイヤー→レコーダーにシンクロ録音でCD-RWのシリアルコピーを作って、そのコピーをPCでリッピングさせると、あら不思議、エラーなく正確にリッピングができるという。

そんな田所あずささんのCDを2枚借りてきまして。
あたしはアニソンは嫌いではないのですが、キャラソンっていうの? 声優がアニメの世界のキャラクターになりきって歌ってる、そういうのが苦手なだけで、声優のアーティスト活動は否定しません。おおいにやっていただけれればいいと思います。
田所あずささんはシンガーとしても一流だと思ってますし(そもそも田所あずささんの声優してる番組をみたことがない)、お人柄も大好きなので、買ったりレンタルしたりを組み合わせて、アーティスト田所あずささんの楽曲をコンプするつもりです。

DREAM LINE(ビジュアル盤)
田所あずさ
ランティス (2015-04-22)
売り上げランキング: 43,610

miwa has been rebooted.

昨日というか今朝の0時からたくさんハイレゾ音源をダウンロード。
一番の収穫は、かつて大好きだったmiwaでした。
自慢のロングヘアをばっさり切って、再びかっこいい路線に戻ってきたmiwaがとてもいい。
タイトルどおり、まさにreboot。今までの「かわいい」路線でいつまで通用するのかって思ってたし、3rd AL以降の楽曲のクオリティの低下がひどかったのですが、ようやくmiwaが戻ってきてくれた。最初はレンタルで済まそうと思ってたけど、今後のmiwaに期待してハイレゾ音源購入しました。

www.youtube.com


ほかにも、いろいろ・・・。大人買いしすぎました。

ONE WAY
ONE WAY
posted with amazlet at 19.08.14
北原ゆか
COLOR RECORDS (2019-08-07)
売り上げランキング: 44,686

他、多数。
多分、1万円は軽く超えてる。怖いから計算してないけど。

さて今日の朝ごはん。
食べすぎました。

今日はお休み。

今日はオンライン英会話コースはお休み。でも40分のプライベートレッスンはやりますけどね。
台風が近づいてるせいで、今日はへんてこなお天気。
朝、涼しかったのでバイクでジョナサンに行こうと思ってたけど、帰りにスーパーで買い物がしたかったので、バスで別のジョナサンに行ったんです(あたしのバイクだと荷物載せられないので)。そしたら帰る時間にどしゃ降りで、ビッショビショになって帰宅しました。
そしたらすぐにカラリと晴れて気温がぐんぐん上昇。お昼は自転車でコメダ行ったんです。今度は帰り道も晴れてて、汗びっしょりで帰ってきたんですが、午後3時くらいになったらまたどしゃ降り。

運がいいのか悪いのか。



あと、パソコンの椅子のクッション部分に穴が空いて、そこから中のスポンジがはみ出ちゃって、ほとんど中板丸見えの状態になったので、さすがに耐えられずに、すぐに届くオフィスチェアをオーダー。今夜届く予定。
ヨドバシではそうでもなかったけど、アマゾンでは評価低いねー。まあ安いからそれなりなんでしょう。


英語はかどる。

というか、本当は毎日少しずつ消化すべきカリキュラムを昨日の日曜日と今日の月曜日で一気に片付けるという、まったく身につかない方法でオンライン英会話クラスをこなしています。
昨日はさすがに脳がつかれたのか、変な時間に寝てしまって、朝3時に目が覚めるという、むちゃくちゃな睡眠混乱に陥ってます。薬も飲み損なったし。
やっぱり詰め込みはよくないです。

そんな感じの連休ですが、注文してた分の島田奈美さんのCDが4枚届きました。あと1枚まだ到着してませんが。あたしより少しお姉さんなのかな? 憧れてたなー。
この連休中、英会話で熱くなった脳みそをクールダウンさせるためにゆっくり聴いていこうと思います。


島田奈美 ベスト
島田奈美 ベスト
posted with amazlet at 19.08.12
島田奈美
日本コロムビア (2004-12-01)
売り上げランキング: 99,176

おひさしぶり。

猛暑続きで先月20日からずっと乗れてなかった愛車ですが、今朝は曇ってて気温がそれほどでもなかったので、久しぶりに乗ってきました。といっても数kmだけですが。

行き先はいつものジョナサン。
野菜ドリアが届いて、タバスコかけようとして瓶を持ち上げただけなのに、底がパッと落下して中身がドバーッと全部ドリアの上に。さすがに交換してもらいました。そんなトラブルがありーも、美味しくいただきました。ジョナサンの後、スタバまで足を伸ばそうとおもいましたが、雲が切れてギラギラ太陽が顔を出したので、おとなしくそのまま帰宅。


さて、このお盆休みはずっとサボってたオンライン英会話を再開しないといけませんが、ラジオに気を取られ、英会話復帰できるかどうか不安しかないです。

村田寛奈 #ひろろいろライブ いっしょくめ。 @WGT weekend garage tokyo (2公演目)行ってきました。

今日も暑い日でした。
あたしは第2部のチケットしか当たりませんでしたが、熾烈な物販を乗り越えるべく先行物販の12時半前に現地到着。渋谷から歩いてこの時点ですでに汗びっしょりでした。30分くらい並んでようやくひろろいろTシャツとピックキーホルダーを入手。ここから恵比寿に向かいます。


恵比寿で第2部の開場時間まで3時間ほど時間を潰さなくてはなりません。とりあえずランチということで、いつものどんぶり屋さんではまち丼。ほんとおいしい。


そのあと、サンマルクカフェに移動、ここで時間をつぶすのです。まずはこれ。ブルーベリーラッシー。


この時点で、なんか心臓のドキドキが止まらないんですよね。ヤバイと思って効くか効かないかわからないけど、パニック障害発作時の薬を飲む。もしかしたらただの軽い熱中症になってたのかも。

さすがにラッシーだけで3時間も粘れないので、いちごパフェを追加投入です。


午後3時くらいまでが限界で、結局、現場へ戻ることに。
そしたらちょうど1公演目が終わったところみたいで、衣装を着たひろろがスタッフに囲まれながらお店から出てくるところでビックリ。お互いに会釈。なー、もったいない!



午後4時15分、ようやく開場。場所は最前列、というか、最高の席をキープ。
ひろろいろコラボのマリブベースのカクテル(ノンアルコール)をいただく。めちゃ美味しかった。



場内はひろろ推しのみなさんでギッシリ。みなさん顔見知りらしくてワイワイ賑わってましたね。うらやましいけど、あたしはそういうの合わないからしょうがない。そんなこんなで開演を待っていると、本日の主役、ひろろが入店。外には音漏れ聴いてるひろ推しも。

近い距離でひろの一挙手一投足に集中。ずいぶんおとなっぽくになったひろですが、中身はあんまり変わってなくって、いつもの楽しいひろろで、そしてガニ股もかわらず。

YouTubeの #ひろろいろ で公開されているカバー曲中心のセトリでしたが、YouTubeで歌ってない「世界でいちばん熱い夏(プリンセスプリンセス)」を披露するだけじゃなく、初の作詞作曲、そしてCMタイアップの新曲「あしあと」(漢字かどうかはわかんないです)を披露。しかもイントロ間違えるとか(笑)。
とにかくずっと楽しくてそしてしっとりとした歌を披露して、一旦はける→アンコールへ。一旦はける必要があるかどうかは別として、アンコール1曲目は「あしあと」のリベンジもあって、すごいボーナストラックでした。やっぱりアンコールは様式美としてあったほうがいいのかもね。

ギターもまだまだだけど、それだけ成長の余地もあるということだし、ボーカルも微妙なところもあるにはありましたが、「明日への扉(IWiSH)」のファルセットは泣きそうになるくらいすばらしかったです。
そんなこんなで、久しぶりのファン9ばかりの空間、久しぶりの生ひろろ。最高じゃないの!
暑かったけど、楽しかった、長い長い一日でした。