momo☆彡のスタイル。Ⅱ

Welcome to momo's weblog! Please do not hesitate to leave your footprints on this site.

入江選手がDDT退団、フリーとして海外を拠点に。

「時間がないんだ!」ってマジ卍で叫んでた意味はやっぱりそういうことだったんだね。
推しとかそういうことではなく、DDT所属になる前からずっと応援してきた選手だったので、残念だなあ。寂しいな。
youtu.be


結局、入江選手はもうDDTという枠に収まりきれないほど大きな選手になったんだよね。で、入江選手がDDTに突きつけた問題提起が、このような形に結実することになりました。


2013年3月20日。KO-D初戴冠のときの写真。まだたった5年前なのね。
f:id:momo0258:20130320144943j:plain

のぐち1st EPレコ発ワンマン 「の」 @渋谷スターラウンジ

ずっとずっと前にのぐちバンドの1stワンマンライブの時に会場で買ってた、のぐち1st EPレコ発ワンマンに行ってきまして、それはもう楽しくて楽しくて!



運良く最前列に居場所を確保できて、限定Tシャツも買えたし、もちろん1stEP「弱っちい僕らの」も買いました。当然ですがライブは最高で、前半がのぐちさんのソロ弾き語り&キーボードとカホンを加えた「のぐちるどれん」。後半がのぐちバンドで盛り上がり全開。
アンコールではすっかりお馴染みなった妹さんがキーボードとして姉妹で失恋ソング。ラストは出演者全員で「マッシュルームヘアー」を演奏し大団円でした!

アンコール前にのぐちさんから大発表。企画ライブ2本と2月16日の四谷天窓でのワンマン決定!!!! あたしもワンマンには絶対行きたいのだけど、その日はなんと・・・・マッスルマニア両国とバッティング・・・・・。泣く泣く諦めました。

今日の収穫。


のぐちさんに写真撮らせてもらいました。しかし・・・ブレてる。死にたい。

おっととっと秋だぜ。

先月まであんなに酷暑だったのに、9月からちゃんともう秋になってる。なんか不思議だし、嬉しいし。日本に住んでてよかったな。日本の四季、ありがとう。

久しぶりにバイク乗れました。
最近、週末も忙しかったし、平日にバイクで会社に行こうとしてたら雨ばかりだったし。

朝ジョナしてから、バイク屋さんに行ってきました。車検に出すため。
あたしがお世話になってるバイク屋さんは月曜日定休日なんだけど、今日は祝日の振替休日だから、もしかしたら営業してるかもって。でもやっぱり店休でした。でも偶然お店の方がいらっしゃって、お休みなのに車検受け付けてくれました。ありがとうございました。

そんなわけで帰りはバスで。
バス待ちにまたコメダ。安定。

今日は気温は高くて暑いけど、カラッとしてて気持ちがいい。


今夜はシンガーソングライター・のぐちさんのレコ発ワンマンライブに行ってきます!

DDTプロレス後楽園ホール『Road to Ryogoku 2018』を見に行ってきました。

前回8月の後楽園ホール大会の後味が悪すぎたのですが、そこに救世主が現れました。そのレスラーの名前は里村明衣子女子プロレスラーです。GAEA JAPANで驚異の新人としてデビューし、団体解散後に仙台に渡ってセンダイガールズプロレスリングを旗揚げ、今や女子プロレス界のトップ。確かDDTの映画「劇場版プロレスキャノンボール2014」あたりからDDTとの関係が増えてきて、東京女子プロレス山下実優選手との対戦、としまえんの路上プロレスへの参加などを経て、いつでもどこでも挑戦権を得ると、(一旦、米国で失ったものの、別の選手から奪って)マジ卍新木場大会で男色ディーノ選手からKO-D無差別級タイトルを奪い、女子選手として初のKO-D無差別級チャンピオンになったのでした。この里村戴冠を契機に、ディーノと入江の抗争に里村が入る形で、高木大社長の裁定が下りました。すなわち「3人でのサバイバル3WAYでタイトルマッチ」という形式で決着が付けられることになったのです。それが今日のメイン。泣いても笑っても、最後までリング上に立っていた選手が両国のメインにチャンピオンとして立つことになるのです。

結論から言います。さすがDDTでした。あたしは前回の後楽園後にDDTのことを批判していましたが、今回の興行後には全部丸く収まりました。そして結果の如何に関係なく、観客の誰もが納得できて、カタルシスを感じることができた、素晴らしい両国前ラストの後楽園になったと思いました。

疑ってごめんなさい。
これまで信じていたDDTは間違ってなかった。

試合結果は男色ディーノ選手が勝利し、またKO-Dチャンピオンに返り咲きました。最初に脱落したのは入江選手でした。里村選手のスコーピオライジングをモロに食らうと、直ちにディーノ選手が外道クラッチ(タイツを下ろしてなかったので、ゲイ道クラッチでなかったと思います)で完璧な3カウント。そして、里村選手とディーノとの激しいファイトはその果てに、男色ドライバーを完璧に決めたディーノ選手に勝利の女神が微笑みました。
ディーノは入江選手を呼び込み、「しげちゃんの言うことはわかる。だからその思いを背負って両国に立つ。だから握手してほしい」と右手を差し出して握手を求めると、入江選手が拒否。そして「ハート(心臓)に近い」方の左手で握手。里村選手とディーノも左手で握手。こうして大団円を迎えたのでした。

こうして、両国のメインは男色ディーノvs佐々木大輔に決定しました。
もう両国まで1ヶ月を切っています。楽しみでしかたがないです。












やっと。

水曜日に瀬川あやかさんのライブには行けたけど、会社では4つの仕事を同時にこなしながら考えを巡らす時間の余裕がないくらいギッシギシで、精神的な余裕はなかったのが今月です。ようやく週末が来てくれたって感じで、今日は久しぶりに何も予定がなかった休日でしたので、予約して美容室に行ってきました。髪の毛がひどいので。今、髪の毛をふたたび伸ばしているところです。だいぶ伸びたけど、もうちょっと、ね。

美容室でツヤツヤサラサラにしてもらったあと、コメダに寄ってバス待ちの間にレイコーブレイク。タバコ吸えるお店が減っているのでコメダドトールは貴重。喫煙者には厳しい世の中。加熱式タバコに変えようかなって思ったりもするけど、試してみたひとに聞いたら「物足りない。吸った気がしない」っておっしゃってたのでまた躊躇。


それと、ミオヤマザキ新木場STUDIO COASTのチケットを発券してきました。整理番号が2桁でした。うれしい。さすが年会費1万円だけのことはある。

瀬川あやか「すぺさる3くすの2」@六本木morph-tokyo

瀬川あやかさんの3ヶ月連続アコースティックワンマンの2回目。今回は大都会六本木。もちろん会社をなるべく早く片付けて、六本木に向かったら、乗り継ぎが良すぎて開場1時間前に到着するという気合いの空回り・・・。

このmorphの場所って、新入社員当時に上司に無理やり連れて行かれたスナックの近くなのよね。まだ六本木に防衛庁があったころ。30年近く前のバブルの時の話。

チケットは前売りソールドアウト。平日なのに場内はパンパンでした。
んでもって、今回も整理番号が悪くって、どうにか前から4列目くらいの場所にいられたけど、前の人の頭の隙間にかろうじて瀬川あやかさんのお顔が見え隠れするくらいしか見えませんでした。ほんとチビに生んだ親を恨むよ・・・。

確保できた場所は悪かっただったけど、結果としては、すっごく楽しかったーーーーーー!決して広くはなかったけど、元気な掛け声や笑い声が飛び交う楽しい空間。そこに居られて参加できてたことに感謝。そして「はりーあっぷ」で新しい掛け声が誕生した瞬間に立ち会えたことにちょっと歴史の証人気分。
瀬川あやかさんのステージにはいつもパワーと元気をもらえる。さすが現役看護師。きっとどんなサプリよりも効くよ。あたしにとっての特効薬。もちろん他のアーティストさんからも元気いっぱいもらってる点では同じではあるんだけど、瀬川さんだけにしかない魅力がね、あるのよ、本当に。



来月は16日火曜日の代官山LOOP。駅から遠いし、さらに整理番号は悪いし。後方の段になってる場所を確保できればいいのだけど、たぶん無理よね。奇跡が起きてくれないかな。

コレサワ、メジャー2ndアルバムフラゲ!

ゲットしたよ!!!

コレでしょ (初回限定盤)
コレサワ
日本クラウン (2018-09-19)
売り上げランキング: 355


今日の出社Teeは日曜日に買ったばかりの9nineサマーTシャツ。

9nine one man live 2018 〜Thank you Fan9〜 @Zepp Tokyo

Zepp Tokyo9nineのワンマンライブ。去年の12月26日以来、約9ヶ月ぶりの日本でのワンマンライブ。昼夜公演に行ってきました。1日通しチケットっていうのを買ったんですが、整理番号が悪くて、1日通しチケットだから昼公演も夜公演も同じ整理番号485番。これは不運としか言いようがないですが、幸いなことに番号の割にはいい場所で見られたのが不幸中の幸いでしたが、こういう罠が待ってるとはねぇ。







んでもって肝心の9nineのライブなんですが、9nineの4人は去年からずっと海外でのお仕事が多くて、それと並行して個人個人での仕事も増えてて、「もしかしたら・・・」って不安に思ってた人が多かったであろう9nineのファンであるFan9への感謝を伝える、そしてそれと同時に吉井香奈恵さん(かんちゃん)と村田寛奈さん(ひろろ)が加入して5人体制になってから9周年を記念するライブというテーマで行われたものです。
川島海荷さんが抜けて4人体制になってからの9nineのライブはセルフプロデュースの範囲が大きく増え、決して派手ではないんですが、すごく4人のアイデアと思いが詰まった素敵なライブになっているのです。久しぶりの9nineのステージはまさに「本物」感満載。もともと9nineは、歌もダンスもものすごく高いレベルなパフォーマンスがウリでしたが、活動の幅が広がったおかげで、そのレベルにますます磨きがかかっていて、9nineの4人のライブを日本で見られるのは本当に幸せなことなんだなって実感しました。

セトリは追々発表されるでしょうし、覚えてないから書きませんけど、特に印象に残ったことだけ簡単に振り返ると、4人体制の代表曲となっている「SunSunSunrise」は当然最高にかっこよくって、「Why don't you RELAX」は死ぬほど盛り上がるし、会場全員でサビを大合唱した「Wonderful World」は感動したし、「Love me?」の前に入れられたダンスパートはすごくクールだったし、後半戦の「Cross Over」からの「SHINING☆STAR」は涙モノ。アンコールの最後の曲はペンライトを使っての「つづく、つづく」。これは4人体制での最初のワンマンだった渋谷duo MUSIC EXCHANGEのことを思い出させてくれました。これまでのライブでの定番曲だった「少女トラベラー」や「Evolution No.9」や「9nine o'clock」を封印して、現在進行形で最新で最高にとんがった「バッキバキ」の9nineを見られたことは、信じて待ち続けたFan9への最高の贈り物になったはずだと思います。

夜の部のアンコール後に2019年1月13日の同じZepp Tokyoでのワンマンも発表されました。
当然行くでしょ? 聞くまでもないこと。
すごくシビアなことを言ってしまうと、Zepp Tokyoで全部イス席にしても完売にならなかったことは、9nineの実力に集客が伴っていないという紛れもない事実でしょう。4人を取り巻く状況はまだまだ安心できるわけではなく、2018年になって中堅どころのアイドルグループが次々と解散していく流れは他人事ではないのです。大切な9nineを失わないよう、Fan9の輪をどんどん大きくしていかなければなりません。あたしも微力ながらFan9として、9nineの支えでありつづけたいと思っています。














というわけで今日の収穫。

Kaede生誕祭~usual road~ @Shibuya WWW X に行ってきました!

NegiccoのKaedeさん(以下、かえぽ)の27歳の生誕祭です。
去年のかえぽの生誕祭はチケット外れまくって行けなかったので、これが2年ぶり2回目の参戦です。サブタイトルの「usual road」。直訳すると「普段の道」。その道の彼方には何が待っているの?



会場は音が良いっていう噂のWWW X。あたしのチケットは指定席が当たらずに後方スタンディング。客席が平坦なので、ステージが見られないのではないかと心配していたのですが、運良く中央のいい場所を確保でき、かえぽの笑顔や困った顔、そして本番30分に発症した喉の痛みもなんのそのの美声を、たんたんたん、堪能しましたよ。
整理番号は290番でした。指定席が1~150番で、後方スタンディングが201番から。ということは90番目なので決して悪い番号ではなかった、らしいです。


セトリは、ツイ廃かえぽが「あとでSNSに載せる」って言ってたのでそれを楽しみにしていただくとして、1曲目もいきなりキーボード気弾き語りの「愛は光」でした。普段はコーラスで下のパートで支えるかえぽが高いキーの主旋律を歌うのって本当に珍しいしもちろん感動だったし、ピアノもすごく上手になってましたよね。その後はスカートのみなさんが加わってかえぽが大好きなアーティストさんの楽曲をカバー。かえぽのボーカルとスカートさんの演奏が最高のマッチングで自然と頬が緩んでしまいます。
かえぽのお誕生日なのに、祝われる側のはずのかえぽから逆に大きなプレゼントをもらえたような気がして、そして、かえぽもすごく楽しそうで、WWW Xの会場全体が「多幸感」で充満していました。
アンコールもなく、かえぽのソロ曲で1時間半弱のステージが終わると、19日水曜日リリースのかえぽソロ7インチアナログ盤「ただいまの魔法」をかえぽから直接手渡しされるというイベントへ。当然長蛇の列でなかなか順番が回ってこないのだけど、その待ってる時間さえ楽しくて愛しくて、できることなら会場にしばらく留まっていたくなったりして。


かえぽ、お誕生日おめでとう!
生まれてきてくれてありがとう!



かえぽからのプレゼント。ジャケ写の撮影場所は相模湖のゲームセンター。あたしもこの場所行ったことあるよ。もう10年前だけどね。
さてさて、うちにはアナログレコードプレイヤーがないので、ジャケ写を飾っておくだけですが、きっとOTOTOYでデジタル配信があると信じています。


卑怯者。

暑いときには全然出てこなかったのに、涼しくなってから急に出てきた奴ら。

そう。


蚊。



最近、蚊に刺されまくってる。



ひきょうものだ、やつら。



最近、とみしーのグッズをヤフオクで集めだしてて、サイン色紙をゲットだぜ!




今週末は三連休。
あしたはかえぽのバースデーイベント、あさっては9nineのワンマンライブ。
月曜日はなにしよう?