momo☆彡のスタイル。Ⅱ

Welcome to momo's weblog! Please do not hesitate to leave your footprints on this site.

CDを買わなくなりました。

CDってぜんぜん買わなくなりました。
以前はいっぱい買ってたんだけど、お金が続かなくなってしまい、最近はもっぱらCD-Rにコピーして車を運転してるときに聞いてます。コピーは最初、家のパソコンでやってたんですが、コピーコントロールCD、略してCCCDってのが出始めて、CCCDに影響されない業務用のCDレコーダーを買って録音してます。だから正しくはコピーじゃなくダビングですね。


 


このCCCDって、浜崎あゆみが所属してるエイベックスっていうレコード会社が販売を開始したもので、中身はよく知らないんだけど、パソコンで聞くことができないし、もし聞こうとしたらCDドライブが壊れることもあるんだそうです。普通のCDプレーヤーでも聞けないものもあるんだって(中には壊れてしまう場合も)。それなのにレコード会社は「壊れても責任持ちません」だってさ。ふざけてる。


 


CCCDを出したのは違法コピーを防ぐためなんだそうだで、パソコンでの違法コピーのせいでCDの売上が落ちてきたというのがレコード会社側の理由。でも本当にそうなのかな?
ファンは限られたお金で大好きなアーティストのCDを買ってる。でもどのレコード会社も毎月毎月、同じアーティストの新曲やアルバムをリリースしつづけてる。それもリミックスしただけとかのをね。
特にエイベックスはひどい。あとハロプロも。



 


そんなの、粗製乱造以外のなにものでもないじゃん。


 


そうやってファンの購買力以上のものを目の前に並べられると、こっちも買う気を失う。だってお財布のひもをゆるめたくなるようなものじゃないもん。だからコピーで済ましちゃう。
カラオケで歌えればいいだけのたいした曲じゃないから、ネットでMP3を探せば事足りちゃう。


 


クオリティーの低い曲を垂れ流してさ。オリジナルアルバムやシングルを普通の間隔で出してくれればファンはちゃんと買うもんですよね。


だから、ファンは自己防衛のためにコピーをし始めたんだと思う。つまりレコード会社は自分たちで自分たちのクビを締めたんじゃないかなって思う。


 


そのCCCDも徐々に減らしていくそうです。結局効果がなかったっていうのをレコード会社もようやく気がついたんじゃないかなぁ。