momo☆彡のスタイル。Ⅱ

Welcome to momo's weblog! Please do not hesitate to leave your footprints on this site.

意味不明な都会派小説:アフターダーク

ノルウェイの森」とか「浜辺のカフカ」で有名な村上春樹さんですが、あたしはこれまで一度も読んだことがなくって、かなり消極的な選択で買ったのがこの本でした。

アフターダーク
アフターダーク
posted with amazlet on 06.10.06
村上 春樹
講談社

そしたら、はっきり言って、何が言いたいのか、何が書きたいのか、何を訴えたいのか、さっぱりわかりませんでした。
「ハルキスト」なんて呼ばれるくらいの、一部に熱狂的なファンもいらっゃるっていうことらしいけど、平凡なあたしには、この大作家さんが何を書きたいのかぜんぜんわかんなかったし、平凡なあたしにはどこが面白いのかぜんぜんわかりません。きっとついて来れない人はどうでもいいっていうくらい偉い作家さんなのだと思います。
ハルキストなひとはきっと「この一冊だけで判断しないで」とかいうのかもしれないけど、最初のキッカケってとても大事にしたいので、もう二度と読むこともないでしょう。

評価。そんなの言うまでもなく、☆☆☆☆。
ifの迷宮』、『神はサイコロを振らない』、『耳すます部屋』、『氷点(上)』『氷点(下)』、『22歳、季節がひとつ過ぎてゆく』、『ハサミ男』、『アウトリミット』に続く、1つ星or無印になりました。